有酸素運動について種類と方法そしてメリット

有酸素運動はダイエット効果を期待できる運動の一つです。
肥満は、現代社会で生活習慣病として大きな問題になっています。心筋梗塞や癌などを予防するために有酸素運動をして
運動習慣を見直す必要があります。

運動には大きく二つの運動があります。有酸素運動と無酸素運動です。

無酸素運動は酸素を必要としない激しい運動のことで、減量には向いていません。
有酸素運動は比較的緩やかな運動を長い時間続けることで脂肪を燃焼して運動を行います。時間では、
20分以上継続して有酸素運動を行った方が脂肪燃焼効果は高いと言えます。
脂肪燃焼効果をさらに得るためには運動をする時間を決めることです。

同じ時間になるべく有酸素運動を、行ったほうが自分のリズムを刻むことが出来き、習慣にもなります。
そして、一番有酸素運動が良いとされる時間は朝です。
朝通勤や通学の際に、少し早起きをして一駅分を歩いたり、エレベーターを使わずに階段を使ったりなど
一工夫で大きく変わります。
早起きをして、有酸素運動をする事で集中力の向上などにも繋がるので一石二鳥といえます。

そして、一つ注意が必要なことがあります。朝食を摂り過ぎないことです。
空腹時のほうが脂肪の燃焼効率は上がり、多く食べてしまうと運動をすることが億劫になってしまうこともあるので、
朝食は軽くで抑えておくか運動後に食べたほうが良いです。

有酸素運動は、どんな種類があるかというと、ジョギングやウォーキング、水泳、自転車、ヨガなど様々な種類があります。
有酸素運動の種類や内容でカロリーの消費量が変わりますので、自分に合った有酸素運動をチョイスする事が肝要です。

私のオススメは自転車です。景色が変わるので、長い間漕いでいてもあまり疲れず、風を感じる事が出来ます。
散策やお使いなどの片手間で行えるのも魅力の一つです。
目的の場所を決めて到着した時の達成感を味わうことも出来ます。

有酸素運動は比較的、お金を使わずに、自分のペースで行える運動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です