スマートフォンのマナーについて

スマートフォンはいまや子供が持っていても全くおかしくない時代です。もちろん、どのタイミングで買い与えるかは大きなポイントになりますが
将来のITリテラシーを磨くためにも最低でも高校からは持たせたほうが良いというのが私の考えです。
実際、わたしは中学生に入る前に2人の娘にスマートフォンを持たせるようにしました。しかし、そこには大きな宿題やルールがあります。
スマートフォンを子供に持たせるに当たってのいろいろなルール作りです。
スマートフォンの所持に当たってはマナーが何よりも問題になります。最初にきちんとこのルール作りをして、子供に守らせないと将来にわたって子ども自身にも悪い影響がでてしまうことになります。
個々で我が家が定めているルールをご紹介したいと思います。まずは人と話するときには必ず、スマートフォンは使わないこと。これは失礼に当たるので絶対に許しません。
また、食事中のスマートフォンを触る行為も同席している方や食事を作ってくださった方に対して失礼に当たるので絶対にさせません。また、勉強中のスマートフォン利用も禁じています。
どうしてもけじめがなくなってしまいますのでこれもまずいと思います。
大きくは具体的に以上の項目ですが、方針としてはTPOをしっかり見極めて利用すること、そして人と人とのダイレクトコミュニケーションに影響のない利用方法をしっかり身につけることだと認識しています。
そして、それを子供たちにも身に着けるように教えているつもりです。おかげさまで今のところ、こうしたルールをしっかり守ってスマートフォンをつかうようにしているので問題ないのではないかと安心している次第です。
これからの社会を考えた場合には学校教育ではなくまずは家庭でしっかりこうしたことを指導することが何よりも重要になってくるのではないかと個人的に考えています。
地道かもしれませんがこうした活動が重なってこそ、マナーも確立されるとおもいます。
iPhone7の発売(iPhone7予約ソフトバンク)も発表され、どんどん新しい技術が出てきますね。
マナーを守ってスマートフォンを活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です