ハゲは女性にモテないのか!?

ハゲは女性にモテない…。
こんなことはわかりきったことですよね。

でも実は欧米なんかではハゲは男らしいみたいな感じで、日本みたいに軽蔑されることなくモテるらしいんですよね。

そういえばあのサッカーで有名なジダンなんかはあれほどのスターにも関わらずハゲのままだったり、バスケットボールの神様であるマイケルジョーダンなんかもハゲたからスキンヘッドにしたんですよね。

確かに、ハゲたからといってちょっと残しているよりは全部剃ってしまった方が日本人的にはしっくりきますけどね。

でも欧米と違って日本はちょい残しはすごくかっこ悪いし、ましてやスキンヘッドなんか芸能人とかスポーツ選手ならまだしも一般人がやったらちょっと怖いですしね。お寺の住職でさえ最近では髪がある人多いし…。

つまり、日本ではまだまだハゲに対する視線が厳しいというか理解がされていないんですよね。

だからこそカツラ業界だったり育毛業界が儲かる訳ですが…。

で、早速今回のテーマである「ハゲは女性にモテないのか!」について結論を出そうと思うのですが、やはり日本ではモテないと言えると思います。女性の中にはスキンヘッドやハゲが好きだと言う方もいらっしゃると思いますが、世間一般的にみて言えるのはやっぱりハゲはモテないと思います。

文化的に日本が欧米のようにハゲがモテるようになるかというと…、そうはならないとも思います。なぜなら、欧米人と違って日本人の顔はのっぺりしてますし、顔も大きい、顔の骨格も歪んでたりするので根本的にハゲが似合わないんですよね。

だから日本ではハゲを目指すよりもしっかりと育毛とかをやっていった方がよさそうです。

ハゲはやっぱりモテない…。
日本はこれで間違いないと思います。
残念ですが…。